吉田正尚の肩が弱いのはなぜ?スイングと足の速さはすごい!

オリックスでも一番活躍していて打率を残して、ホームランも打っている吉田正尚選手。

侍ジャパンでもその活躍をしていますし、魅力でもあるホームランを打ったときのフォロースルーが美しいですよね。

さらにWBCで世界一になった後にボストンレッドソックスに移籍してからも大活躍中です。

そんな吉田正尚選手の肩が弱いという意見が聞こえました。

これについて実際のところどうなのかということについて深掘りしていきました。

吉田正尚の肩は弱い?

ヤフー知恵袋で吉田選手がパワプロで肩がFの理由がわからないという質問がありました。

これに対しての答えなのですが、

小柄という事もあるのか、肩はあまり良いとは言えません。
外野手としては心もとないスローイングとそれなりな守備範囲です。

ということでした。

実際のところ吉田選手の肩の強さ話はパワプロ2021/2020ですとE42という数値になっています。

知恵袋のデータがいつの時のパワプロなのかが不明ですが、確かに肩はあまり強くないというのがパワプロ上でわかりました。

パワプロの査定は厳しいことでも有名ですが、球界の強打者でもズバッと言われてしまうのでこれは怖いですね。

吉田正尚選手の遠投は?

吉田正尚選手の遠投についてどうなのか?ということについて調べて見ました。

こちらプレミアの国際試合の時のシートノックですが、鈴木誠也選手と比べてみると確かにそれは感じます。

吉田選手は遠投は100mを記録ということで、決して弱くはないとは感じます。

ただプロレベルの強者からすると弱肩ということになってしまうというのもいえそうです。タイプとしては巨人の清水選手のような感じなのかなと・

吉田正尚の国際戦の肩

https://twitter.com/alpaca_orix/status/1422888020756205576

8月2日のアメリカ戦でもちょっと危ないところがありましたが、

そこもご愛嬌です。

2021日本シリーズで致命的な返球

2021年の日本シリーズで、追い詰められたオリックス。

レフト前に飛んだ玉が吉田正尚選手の前にポトリ、その後バックホームで返球しますが。

ランナーの生還を許します。

https://twitter.com/matome_ikan/status/1464547240970620929?s=20

https://twitter.com/mouko_in_fukui/status/1464546726355025920?s=20

吉田正尚は右手を骨折していた

このシリーズの時に

吉田選手は実は右手を骨折しながら出場をしていました。

やばいですね。元阪神金本氏も骨折しながら試合出場したことがありますが、意地と気合いの出場だったと感じられます。

右手を骨折していたということは投げることすらままならない状況だったと思います。

 

長いシーズン本当にお疲れ様でした。

最後の最後で個人的には納得のいかない成績だったのかもしれませんが、オリンピックの金メダルも含めて相当な精神力を保っていたのだと思います。

吉田正尚のスイングと足の速さがすごい!

吉田選手といえばやはりバッティングの良さが前面に出た選手だと思います。

そのスイングスピードとしてはスロー映像なのにスローに見えないという事象。

 

また足の速さについても手動計測ながら50m走で6秒2をと遅くありません。

実際吉田選手は盗塁数も年々増えていっていますし、走ること自治は嫌いじゃないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA