山下舜平大の小学校、中学校は?名前の由来シュンペーターについても調べてみました。

オリックスの山下舜平大投手について小学校中学校時代から名前の由来についても調べて見ました。

以外にも軟式出身なんですね。さらに名前が独特ということで、どうしてそうなったのかということについても調べて見たら非常に興味深いものがわかります。

スポンサードリンク

山下舜平大の小学校は?

福岡市立野多目小学校(筑紫丘ファイターズ)に所属。

福岡の中心部からは若干ズレた場所にあります。

主に捕手兼投手をしていたそうです。

山下投手は後述しますが中学も捕手を担当していたということですね。

山下舜平大の中学校は?

福岡市立三宅中でプレーしていました。
2015年,2016年,2017年

三宅中では軟式野球部に所属し投手兼捕手していたそう。

3年生時には福岡選抜としてU15全国KWB大会で準優勝に貢献。

このころから頭角を表していたことは間違いないです。

山下舜平大の甲子園の成績は?

福岡大学附属大濠高校へ進学後1年秋からベンチ入り。

2年春からはエース。

3年夏はコロナウイルスの影響で中止となった全国高等学校野球選手権福岡大会の代替大会に出場。

エースで4試合、24回1/3イニングを5失点に抑える活躍。

チームを福岡地区準優勝導いた。

甲子園大会には出場はしていませんが、高校生の高校生合同練習会でキレのある鋭いカーブで三振を取る場面も出てきました。

山下舜平大の名前の由来はシュンペーター?

ところで山下投手の名前ですがちょっと独特ですよね。

舜平大というのはそもそも「しゅんぺいた」と読みます。

オーストリア=ハンガリー帝国の経済学者ヨーゼフ・シュンペーターを由来にしているそうです。

シュンペーターについて

経済発展は、企業者が断続的に行うイノベーション(技術革新)によってもたらされるという理論を構築。

新製品の開発:
新生産方式の導入: トヨタ方式
新しい市場の開拓:海外への市場
新たな資源の供給源の獲得: 原材料の供給源など
組織の改革: 軍隊型組織からティール型の組織など

イノベーションのジレンマについて

ただイノベーションを起こせばいいってものではなく、ユーザーが欲しくて使いたくなるイノベーションを起こす必要がある。

たとえば、湯沸しポットに無駄な機能をつけるのではなく、

単純にお湯だけ速攻で沸くようなポットを消費者は求める。

それを実現したのがティファールの湯沸しポットであり、この事例にイノベーションのジレンマを用いられることが多い。

 

おそらくご両親が学のある人たちだったのだろうと推測されます。

https://twitter.com/sumi_ppe/status/1392697865554694146

 

これからも山下投手の活躍に期待しましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

エチェバリア年俸と成績一覧!イチローとマーリンズで同僚だった!?

NO IMAGE

エチェバリアのロッテ来日!一軍出場はいつ?キューバ時代の成績と話も

NO IMAGE

田中将大他200勝に近い投手と歴代の一覧表がすごい!

NO IMAGE

佐々木朗希の読み方は?甲子園の登板や父の思い出についても!

NO IMAGE

周東佑京の盗塁死と失敗動画と楽天太田光の高速送球がすごい!

NO IMAGE

田中将大年俸推移グラフを作成!給料泥棒なのか契約年数と経済効果から見てみる

error: ごめんなちゃい