仕事や失恋で自分を見失う時にやって欲しい5つのこと!

自分というものを見失いそうになる時はあると感じます。

そんな時に僕自身が実際に試している5つの方法について書いていきます。

人生山有り谷ありだと思いますが、しっかりと見つめなおして見ることが結果的に遠回りに見えて早くたどり着いているということもあると感じます。

スポンサードリンク

目一杯寝る

自分がもうこれ以上寝れない!!!

と感じるくらいに寝ることはストレスを解消するにあたって非常に有効なことになります。

特に僕がやっていたことはお風呂に入って寝る。

もう一度起きたらまたお風呂に入って疲労を出してまた寝るという手段です。

これをやることにより一日は潰れてしまいますが、これまでの疲労が吹っ飛びます。

ただひたすら寝るというのは社会人になったら中々出来ないかもしれませんが、もうこれ以上働いたらヤバイと感じた時には実行してまずは自分の体内リズムを整えましょう。

自分を見失うのを放置しておくとうつ病や自分自身がどうしようもなくなってしまう状態になってしまう可能性があります。その前に安全な場所へと自分を連れて行ってあげましょう。

美味しい物を食べる

人間食べないとイライラしてきます。

自分が大好きなものをたらふく食べるというのは効果的な気分転換脳方法です。

注意点として、食べれば食べるほど太ってしまうこともまた確かであります。

また人間舌を肥やしてしまうと中々元の質素な食事に戻ることができなくなってしまう恐れがあります。

その誘惑に負けないようにひたすらに調整していく事も大切だと感じます。

ひたすらに歩く

歩くことは最も単純かつ効果的なストレスの解消法だと個人的に考えています。

なにか行き詰まった時に散歩をすることによってその後に良いアイデアがひらめいたりだとか、自分が今まで考えてもいなかった思考が思いついたりします。

また、町を歩いてどんなものが流行っているのかを考えたりだとか、町中の看板を見たり歩いている人を見てどんなことを考えているのかを観察するという事も歩くことで得られる効果だと感じます。

スポンサードリンク

好きな人と話す

自分が好きな人と話すと、視野が非常に狭くなっているなかでも何かしらのことが得られます。

自分の凝り固まっている思考を柔軟にほぐすためには他者の力が必要になってきます。

好きな人というのは自分の心を癒してくれるとともに、次の道へを示してくれる何かしらの言葉をかけてくれる可能性が非常に高いのです。

自分を見失う時というのは恋愛などしている場合はではありませんが、好きな人と話すことによって恋愛のきっかけをつかむこともできるチャンスが出てくるでしょう。

行ったことないところへ行く

どこか行ったことのない遠くへ行く。

というのもとても大切なことになります。

特にアフィリエイト関連含めお家で仕事をしている人達というのは、ひきこもりが多いと感じます。

歩く🚶ということと通じますが遠くに行くことは強制的に歩くことに繋がり、脳が刺激されるブラス、色々なしらない景色を見ること。

このことにより新たな発想が生まれて結果的にそれが形になればより良い物が生まれるのです。

ああああ

いいいい

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

カウンセリングとコーチングとコンサルタントの違いを分かりやすく説明!

NO IMAGE

レールに乗りたくない?は強者が言える言葉!凡人はおとなしくレールに乗っておけ!

NO IMAGE

今の時代は貧乏でも逆転可能!インターネットの世界を進む3つの話!

NO IMAGE

子供の自立タイミングについて夫婦で話そう!自立は親孝行への一歩だ!

NO IMAGE

起業家は詐欺師だと思ってかかったほうがよい3つの理由!

NO IMAGE

テレビを見ない生活は正解だが、地方へ行ったら見たほうがよいたった1つの理由!