文系と理系を選択ミスした人の為の人生の生き方について!

日本の社会では文系と理系というものを分けられて教育が行われます。

今回文系と理系の選択を間違えたと感じている人に向けた人生の生き方について書いていきます。

スポンサードリンク

文系か理系かどっちか迷ったら?

一般的に言われることとして、理転というのはキツイが文転はなんとかなると言われています。

(僕自身実は文系だったのですが、工業高校という道を進んだがゆえに理系誤って進んでしまいました。)

どの科目でもそうですが、特に理系という科目は積み重ねの学問のためしっかりと基礎が積み上がっていないと前に進むことができないということが挙げられるからであります。

茨の道でも良いということ。

話はもちろん最初は合いませんし、バカにされたりします。

考え方の違いが大きすぎるのです。

または、ある程度理系のスキルが残っている状態での理転は人生を生き残る上でかなりオススメの転機ではないでしょうか。

文系か理系かの診断方法は?

マイナビ学生の窓口

vonvon

笑うメディアクレイジー

自分の人生ですから複数のメディアを駆使していきましょう。

理転に行きたいのであれば、実務面の技術を磨いていこう

理転をしたいということであれば、実務面での知識と技術を磨くことが必須です。

どれだけ口が上手かったり、文章がきっちり描けたとしても何かしらのサービスを形にすることができなければ理系という枠組みの中で生き残って行くのは中々難しいと感じます。

これは、裏を返すと営業スキルはあまりないことになります。

ですが、自分自身の技能が高まるにつれて必ず自分の短所をになってくる人が現れるとかんじます。

文転したいのであれば、人間の感情を操ったり人とのコミュニケーションを取れる仕事を身につけよう

文系に行くのであれば、コミュニケーションのスキルというのは必須になります。

文系と理系どちらもコミュニケーション力というものが必要になりますが、文系のお仕事と呼ばれるものは一般的には人と頻繁に会話をするものと考えられます。

相手の感情に訴える。相手に対してものを売る。相手に何かしらの影響を与えるということが多いのが文系特に営業職の人が身につけるために必須のスキルだと感じます。

遊んでいる大学生程社会人になってからも有能というのはある意味真理で、色々な経験をしているうちに人の感情が見えてくることがあったりだとか、人が何を求めているのかを把握できるものが見えてくるものだと感じます。

文系と理系と体育会系はCEO、CTO、CMOに通じる

文系と理系と体育会系というのは経営の話で行くとCEO(最高経営責任者)CTO(最高技術責任者)、CMO(最高マーケティング責任者)の3つに分けられると個人的に感じます。

CEO→体育会系

CTO→理系

CMO→文系

すっごくおおざっぱですが笑

文系と理系なら就職は圧倒的に理系が有利

ただし、文系の中でも営業やマーケティング系のスキルは理系にも匹敵する武器になります。

文系だからと言ってあきらめずにやっていきましょう。

まとめ、人間の人生どこで理系や文系の知識がいるのかはわからない。だからこそいろいろなことに興味を持って生きるべき

僕が30年近く生きてきた経験を語りますと、結局のところ理系の知識も要りますし文系の知識もいります。

どちらの道に進んでも結局は世の中は色々と巡り巡って一つのものになっているということがわかってきます。

なので、理系だから、文系だからという考えで生きていること自体が勿体無い。

無理やり興味を持てというのは無理だと思いますので、せめて理系と文系それぞれの友人を作っておくといざという時に非常にスムーズに知識を取り入れることが出来るようになってきます。

区分けをすることこそナンセンスですが、日本はいまだに理系と文系の区切りがありますので、そんな壁はさっさと取り外して生きましょう。

 

 

 

 

 

 

ああああ

いいいい

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

嫌な事はしたくないけど経験しておいた方が良い理由5点!社会人は一応経験しておこう...

NO IMAGE

カウンセリングとコーチングとコンサルタントの違いを分かりやすく説明!

NO IMAGE

昼寝をする際に考えていることについて

NO IMAGE

世直し先生高寺徹さんの評判とブログについて!実際はYouTube通りの面白さでし...

NO IMAGE

転職におけるパソコンスキルについて!履歴書、職務経歴書にかけるだけ書いておけ!

NO IMAGE

会社をクビに!?その後行いたい5つのこと!!