嫌な事はしたくないけど経験しておいた方が良い理由5点!社会人は一応経験しておこう!

世の中生きていると様々な出来事が発生します。

特に嫌だと思うことはできれば経験はしたくないと感じます。

ですが、嫌な事は経験しておいたほうが後々で有利な状況も発生すると考えられます。

今回は嫌なことを経験しておいたほうが良い理由について書いていきます。

スポンサードリンク

・世の中には階層がある事を知れる

勝ち組負け組という言葉がありますが、世の中には明確な階層(レイヤー)が存在します。

法の元では平等とされておりますが、実際は平等などではなく

生まれた地域や親の能力値の差によって全く本人が意図しなかった状況に持って行かれます。

例えば、表現に語弊がありますが肉体労働の現場に出ると低学歴の人たちがたくさんいます。

ときには罵声を浴びさせられたり、こき使われ嫌な思いをするかもしれません。

逆にデスクワークの職場に行くと高学歴中心の人たちとの出会いがあります。

どちらがいい悪いというわけではなく、自分自身がその場で感じ取った感情を元に

世の中の階層を知ることで自分自身がこのままではいけないということはたくさん出てきます。

 

・上から下にいくのと下から上に行くのでは精神的ショックレベルが違う

さて、世の中高学歴と低学歴、金持ちと貧乏とどうしても階層が別れてしまうという話を上記でしました。

 

この低学歴や貧乏の階層の下に生まれた人達にとって唯一の救いは、元々どん底状態からのスタートラインということです。

 

元々下なら後は上がっていくほかありません。

 

しかしながら、元々裕福に生まれた人が転落しますと、はい上がろうという気力がなくなってしまっている場合があります。

なので、初めっから貧乏に生まれてしまったのは運が無いように見えますが、後はせっせと登るだけです。

そして今の時代はインターネットが有りますのでお金を稼ごうと思えば稼げるところがあります。

 

 

スポンサードリンク

・もう二度と落ちたくないという気持ちが湧き上がる

 

生まれてから苦労を知らずに生きてこれた人もたくさんいるでしょう。
そういう人は幸せなのですが、辛い人の気持ちがわかるのか?と言われたらおそらくわからないと思います。

 

ですが落ちぶれた人はもう二度とこのような気持ちになりたくないという気持になります。

嫌な気持ちというのはときに奮発するためには必要な感情でもあるのです。

 

・いざという時に生活レベルを下げることが出来る

仮に給料が下がった。会社がつぶれてなくなってしまった。

 

このような危機的状況が発生したとしても生活レベルを落とすということが自分自身で出来るのであれば必ず生きていく事ができます。

 

これは見栄を張らないという所でも同じ意味になりますが、一時のガマンをすることによって自分自身がしっかりと土台を作ることによって、再起を図るということが可能になってくるのです。

ネットで稼げても一度は社会で働いたほうがよい

個人的な主観になってしまいますが、仮にネットビジネスで余裕で稼げるようになったとしても一度は会社で働いてみたほうが良いと感じます。

それは世の中の9割以上が会社員の人たちだからです。

体を壊してまで働くということはありませんが、会社員の思考を知るということはこの先ビジネスをしていくという面。

様々なトラブルが発生した際に対応するための手順。

社会人としての基礎的な能力を身につけることが出来ます。

またつまらないことやくだらないことを続けるという力も社会人をやると少しは身につきます。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

レールに乗りたくない?は強者が言える言葉!凡人はおとなしくレールに乗っておけ!

NO IMAGE

誤解を解く5つの方法!人は一人では生きれるようで生きれない。

NO IMAGE

サラリーマンと兼業で副業をしている3つの理由について!リスク回避は必須だ!

NO IMAGE

バブル世代の上司のもとで働いて分かった3つの事!ゆとりバカにすんな!

NO IMAGE

転職に対しての罪悪感は不要!挫折しても最後に決まれば問題ないし数十年付き合う人は...

NO IMAGE

テレビを見ない生活は正解だが、地方へ行ったら見たほうがよいたった1つの理由!