WordPressプラグイン有効化時に「重大なエラーを引き起こしたため、プラグインを有効化できませんでした。」が出てきた件。

ワードプレスでプラグインを有効化した後に
発生したエラーについての解決方法についてかいていきます。

予期しないエラーの場合自分ひとりの力では解決が不可能な場合があります。そのようなときにどのように解決したらよいのかについて書いていきます。

スポンサードリンク

重大なエラーを引き起こしたためプラグインを有効化できませんでした

Show Article Mapというプラグインをインストール後に有効化したところこのようなエラーメッセージがでてきました。

重大なエラーを引き起こしたためプラグインを有効化できませんでした

エラーコード

Parse error: syntax error, unexpected ‘[‘ in /home/●●/▲▲/public_html/wp-content/plugins/show-article-map_0.1/showArticleMap.php on line 47

 

ネットで調べてもサッパリわからないのでココナラを使用してみた

さて、ネットで自力で探してみましたが、サッパリわかりませんでした。

ということでココナラの技術屋さんに質問してみることにしました。

今回質問させていただいた方は

「 naga3」さん

です。

・PHPのバージョンをアップする

まず教えていただいたのがPHPのバージョンアップということです。

PHP5.4から使える配列の短縮構文を使っているので、PHPのバージョンが古い可能性があります。

という回答でした。

いきなり??でした。

PHPバージョンあるの?というところでしたが、よくよく考えたらJAVAもよくバージョンの更新してますし、アンドロイドやiosもアップデートしてますよね。

スポンサードリンク

PHPのバージョンアップのやり方

さて、PHPバージョンアップのやり方なのですが

これは各レンタルサーバー会社毎に違うようです。

僕はXサーバーを使用しておりますが、Xサーバーの中にしっかりPHPをバージョンアップする項目がありました。

ムームドメインのサーバーパネルにログイン

d8f244295a48fa0de77c6652af19e3f9-640x480 WordPressプラグイン有効化時に「重大なエラーを引き起こしたため、プラグインを有効化できませんでした。」が出てきた件。

丸の箇所の選択をします。

d8f244295a48fa0de77c6652af19e3f9-640x480 WordPressプラグイン有効化時に「重大なエラーを引き起こしたため、プラグインを有効化できませんでした。」が出てきた件。

 

 

d8f244295a48fa0de77c6652af19e3f9-640x480 WordPressプラグイン有効化時に「重大なエラーを引き起こしたため、プラグインを有効化できませんでした。」が出てきた件。

 

バージョンアップ時の注意としては、一気に一番上のバージョンにまであげないようにしましょう。

理由としてはいきなり一番上位のバージョンにアップデートしてしまうと万が一エラーが出てきたときにどのバージョンのタイミングで出たのかがわかりにくくなってしまうからです。
バージョンアップの時は1バージョンずつ上げていくことが無用なエラーを回避するために必要になってきます。

・配列の箇所のarrayを変更する

もうひとつの対処方法として、

エラーの箇所
$nodes = [];

についてプラグインの[]と書かれているところを、array()と書き換える必要がありますと回答を受けました。

ただし、こちらについては今回不要でしたのでもし今後やられる予定のある方は参考にしていただけるとよいでしょう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

WordPressプラグインWP exec PHPを使って記事中に直接PHPを書...

NO IMAGE

WordPressでカテゴリーごとに広告を分けるコードを記述してみた話!