結婚式が異常に疲れる3つの理由!行くか行かないかは心の声に従おう!

人生の節目とも呼ばれる大イベント結婚式。主役となる新郎新婦はもちろんですが、参加者の人たちも非常に疲れがたまります。

今回結婚式がなぜ疲れるのか考えてみました。

スポンサードリンク

結婚式はなぜここまで疲れるのか?

結婚式はなぜここまで疲れるのか3つの理由について書いていきます。

1.非常に堅苦しい空間だから

結婚式というのは非常に堅苦しい空間です。

非日常で行いますし、儀式的なめんが強いですからそうなってしまうのは当然といえば当然の結果なのかもしれません。

月~金まで仕事をして土日でこれを行うというのは普通のサラリーマンであればなかなかきつい状況でしょう。

2.高いお金を払ってもあまり満足できない仕組みだから

親しい人だった場合は心からお祝いできると感じますが、

そこまで親しくない人の場合は

 

3万円という決して小額ではないお金と休日という貴重な時間を使って出席することになり、中々満足したお金の使いかた。ということは言いにくいかもしれません。

 

料理はもちろんおいしいのですが、3万を払ったらほかにもできることがたくさんあります。

3.リア充過ぎて自分には不可能だと感じるから

結婚式を行う人というのは大半がリア充だと感じます。

僕自身はまったく持ってリア充ではありませんのでムービー撮影とかやられても何も自慢できるものがありません。

こういう人たちと同じ土俵に出てまで結婚式を行おうという気持ち自体がおきません。

スポンサードリンク

行くか行かないかは自分の心の声が知っている

さて、結婚式に出るべきか出ないべきかという問いに対して僕自身の回答としては、

冷たいかもしれませんが、結婚式というのは義理でいくようなものではなく、心から行きたいと感じている人の元に行く。

というのが本当の相手に対する思いやりなのかもしれません。

日頃から自分の周りの人との関係性を客観的に見ることが人と合う合わないという判断が楽に出来るんではないだろうか?

と感じます。

お金をかける結婚式がすべてではない

そして地味婚というわけではありませんが、近年ではそこまでお金をかけて結婚式を行うという価値観もなくなってきております。もし結婚式にかける数百万のお金をビジネスに使うことができたら。

 

数年後にはその元手が数倍に増えていくかも知れません。

僕個人としてはそのときに結婚式を挙げれればよいかなと考えています。

わざわざお金の増えていない時期に行う結婚式ほど後々の未来に重くのしかかってくる可能性が増します。

または少人数の友人を誘う。

さまざまな結婚式のやり方があります。

自分にあった結婚式を挙げることが今後の人生の分かれ目になるかもしれませんね。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

大学時代にサイコパスの院生にいびられて分かった3つの事!全力で逃げよ!

NO IMAGE

心の安定を保つために行った5つのこと!断捨離!仮眠!ほか3点

NO IMAGE

嫌な事はしたくないけど経験しておいた方が良い理由5点!社会人は一応経験しておこう...

NO IMAGE

自分を大切にして自己犠牲しない事の重要性!君の人生は君で決めて歩んでいけばよい!

NO IMAGE

日記や読書感想文が非常に苦手だった僕でもブログを継続することができた3つのコツ

NO IMAGE

家族転勤でも田舎は避けた方が良い3つの理由!家族を守るためにも辞めよう!