日本の学校は宗教という話。洗脳されるな!逃げ場はたくさんある時代!

日本の学校教育教育は宗教という話について書いていきます。

私たちは気が付かない間にいつの間にか社会の上流階級からの洗脳を受けて行きてきてしまっているというというところがあります。その事実に気がつくか気が付かないかによってこれからの人生の生き方が全く変わってきます。

スポンサードリンク

・日本の学校はどのようにして作られたのか。

そもそも日本の学校教育はGHQによって日本人の無力化を意図的に作ろうとしたシステムになるからです。

詳しくはこちらから

・日本の学校教育の良い点。

日本の学校教育を受ける事によって
読み書き計算は一通りできますので、
日常生活で困る事はほとんどなくなります。

 

識字率が高い国がある中、日本人は読み書き算盤が徹底されているのでひとまず全くコミュニケーションが取れないということは少ないです。

 

これは世界的に見ても非常に優れた実績になります。

 

・日本の学校教育の悪い点。

学校教育というのは管理教育になります。

年上の人は偉い。

年下の人達は偉くない。

という価値観の元、上の人が下の人を支配しようというところが本来の狙いになってきます。

そのような支配教育を行うことによって先生の言うことは正しい。

つまり正解を教えていく教育によって管理しやすいような形をとっているのが日本の学校教育なのです。

 

スポンサードリンク

・洗脳教育から逃れるためには

日本の学校教育から脱出するためには

自らの頭脳で思考をして、考えを発信する。という訓練をする必要があります。

実はこの訓練。学校教育で行っています。

それは日記を書くということ。

小学校と中学校までは日記を書くということをしていた記憶があるのですが、

高校以降では日記を書くということをしなくなってしまったと思われます。

今の時代はブログやホームページなどで簡単に情報発信をすることが出来ます。

学校という狭いコミュニティで自分の意見を発信することは、イジメや仲間はずれにされてしまう可能性が大いにありますが、世の中は広いです。

インターネット上に発信すれば必ず馬の合う人と知り合いになることが出来ます。

諦めずにやっていきましょう。

・学校では自営業という生き方は教えてくれない。

学校で教えてくれるのは偏差値の高い学校へ入り、
大企業へ入って一生を安定して生き抜く事。という事を教えてくれます。

学校で起業の仕方や、どうやったら自営業になる事が出来るのか。

このようなことは一切教えてくれません。

そして先生自体副業してはいけないルールになっておりますので知るわけがありません。

ですが、これからの時代というのは確実に自営業を行う人が増えてくるのもまた事実です。

 

なぜそのようなことが言えるのかというと、大企業といえども副業を解禁してきていること。つまり大企業といえども定年まで面倒を見る余力があるわけではないぞ。

ということを意味しています。

まだ時間があるうちに副業を行って心の余裕を保つということは行きていく上で大切です。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

凡人力のススメ!よい着眼点を持つコツについても!

NO IMAGE

ピアノの先生に学んだカウンセリングスキル!なぜおばさんに癒されるのか考えた!

NO IMAGE

子供が親を選んで生まれてくる!?そんなことが本当だったら絶望しかないという話。

NO IMAGE

組織が崩壊するプロセスと原因について考えてみた話。崩壊前にさっさと逃げろ!

NO IMAGE

きらびやかな世界には近づかないほうがよい!?キラキラ系が怖い3つの理由!

NO IMAGE

金を貸してくれと言われて上手く断る理由3つ!私のお爺さんからの遺言だ!