人の家の押し入れを勝手に開けらてブチ切れた話!開ける心理とは!?

僕は友達を家に招いた時に勝手に押入れを開けられた経験があります。
そのときに非常に悲しい思いと、怒りがこみ上げてきましたので二度とほかの人に繰り返さないようにシェアしたいと思います。

スポンサードリンク

 

押入れを開けられた経緯

僕の家で高校時代からの友人2人とその奥さん計5人でなべをすることになりました。
その際に事件は発生しました。

 

僕がなべを作っている間に2人が押入れを開けているではありませんか。
そして押入れの置くには僕が見られたくないあんなものやこんなものが。。。

そして大爆笑している2人。

 

僕はあまり怒りませんがこのときは激怒しそうになりました。

人の家の押入れを勝手に開けてしまう心理

さて人の家の押入れを勝手に開けてしまう心理について調べてみたところ
下記のサイトで発見しました。
引用させていただきますと

友人や知人を自分の家に呼んだ時、人の家の箪笥や押入れを勝手に開ける人がいますよね。

このような人は、相手が嫌がることを理解することができない残念な人です。

また、自分の家の箪笥や押入れを開けられても何とも思わない開けっぴろげな人は、

他人の家の箪笥や押入れも同じだろうと考えている人もいます。

そして、プライバシーの観念がなく、ずけずけと他の人の領域に侵入していきますから、

多くの人から嫌われることとなります。

とても親しい学生仲間などであれば、相手の箪笥や押入れを

勝手に開けてもいいくらい仲が良くて、兄弟みたいに感じていることもあるかも知れません。

しかしながら、大人になったら、基本的に、人の家の箪笥や押入れは、勝手に開けたりしてはいけません。

大事な物や、見られたくない物、隠しておきたい物などが、そこに入っていることもあるからです。

また、勝手に箪笥や押入れを開けられた側としても、

「何てデリカシーのない人なの!」と大きな怒りを感じ、

今後、家に呼んでもらえないし、ひどい時には、絶交されるかもしれません。

ちなみに、デリカシーとは、心配りなどの繊細さを言います。

いずれにしましても、人の家の箪笥や押入れを勝手に開けないようにしましょう。

どうしても開ける必要があるなら、きちんと本人に了解を取ってからにしないといけません。

スポンサードリンク

僕が怒った本当の理由

1.奥さんを連れてきていたのにとる行動ではないと感じたから。

二人とも新婚ホヤホヤで奥さんを連れてきておりましたが、奥さんの前でそういうことはしないでほしかった。

というのが僕の本音です。

2. 再就職が決まったばかりで祝ってほしい所でそういうことをしないでほしかったから

僕自身が死ぬほどつらい思いをして再就職が決まったばかりでした。

素直に就職おめでとう。

これからも頑張れ。

ただそれだけでよかったのに。

 

3.長年の信頼関係があったから

この二人とは10年近く、
一人とは幼馴染なので20年近い付き合いでした。

このような付き合いの長い友人が
このような行動をとることが信じられず、泣けてきました。

押入れをあさるという行為がダブル、トリプルで感情にきました。

どんなに親しくても人の家の押入れを開けてはいけません

あなたがもしある人と絶縁したいのであれば、その人の家の押入れを無断で開けなさい。
ですが人間関係を大切にしていきたいと考えているのであれば絶対に押入れは開けてはいけません。

あなたは自分が楽しくてやったのかもしれませんが、やられたほうの気分はケチョンケチョンです。

マジでお勧めできません。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

真面目とか、固いとか言われる君に送りたい3つのメッセージ!それは物凄い長所だぞ!

NO IMAGE

親の言うことを聞かない3つの理由!親が間違っていたら全部間違うよ!

NO IMAGE

テレビを見ない生活は正解だが、地方へ行ったら見たほうがよいたった1つの理由!

NO IMAGE

出世とコスパについて考えてみた話。平社員 兼業が一番なのかも。

NO IMAGE

憧れの人の人生の歴史を知ろう!泥臭い時代が絶対あったという話。

NO IMAGE

同じ目標に向かっている仲間やカップルに出会うことの重要性!