誤解を解く5つの方法!人は一人では生きれるようで生きれない。

人間誰しも一度は人間関係でこじれてしまった経験があるかと思います。
僕も何度もこじれたことがありますし、修復したこともあります。
今回は誤解を解く方法について書いていきます。

スポンサードリンク

1.電話をする

文章のみのメールというのは誤解を招きやすい表現になります。
文体で送った後に電話をする。
または、電話をして自分の意見を話してみることで相手が感じていたこととのギャップを生めることができます。
ただし、電話は相手の時間を奪うツールにもなりがちなのでそこは注意していきましょう。

 

2. 直接会って話をする

インターネットが超発達している時代。

人と直接会わなくてもメールやラインで簡単にやり取りすることができてしまいます。
そんな中でも直接会って話をするということにどのような意味があるのか?
個人的には人の表情を見ることができるというのが最大のメリットだと考えます。
仕事上では時間短縮のため電話やスカイプをするということもよいですが、
プライベート上では直接会って話をすることにより

人の顔の表情をしっかり見て自分の心に栄養を与えてあげましょう。

 

個人談ですが、会社を辞めてプータロー、フリーターやフリーになる人は人と会う機会を定期的に増やしたほうがよいです。
理由としては人にあっていないと表情に乏しく、段々と死相ともいえるような表情になってしまうこともありえるからです(事実談)

 

3.手紙を書く

古き良き時代のということではないのですが、
相手の方に手紙を書くというのは非常に有効な形だと考えます。
僕はたまにインターネットでものを買うときがあります。
そのときに、個人の商店を行っている人で手紙を書いてくれることがあります。
これをいただいたときに非常にうれしく感じました。

普段あまりしないことをされると人間というのは希少性を感じて感動するようにできているのです。

[ad#test1]

4.日にち薬をつかう

日にち薬とはあまり聞きなれないかもしれませんが、下記の意味になります。

引用:月日の経過が薬代わりとなること。「骨折には日日薬が一番だ」「日日薬で失恋から立ち直る」

人というのはいやなことが起きたときが一番不快度MAX状態ですが、
程度はありますが数週間、数ヶ月、数年と過ぎていくうちに受けたとき以上のダメージは受けにくくなってきます。
人間は記憶したものを段々忘れていく機能を持ち合わせています。

この機能がなかったら毎日が大変苦痛なものとなりますので。
苦痛は時間が経てばそのうちブログのネタにでもなると考えることができれば僕のようにブログに記述することができるようになるでしょう。

 

5.距離をおく

日にち薬と似たようなものですが、人間関係の距離を置くというのは予想以上に効果があります。
人間どんな人でも完璧とは言えないもので近くにいすぎるとあらが見えてきます。
そしてふとした瞬間にあらが見えてしまうことによって関係が崩壊するということも出てきます。
なので

相手の嫌な所を封じる。

自分の嫌なところも見せない。

工夫というのはとても大切になります。

 

まとめ

僕は大切な人とはちゃんと話し合いができる関係でありたい。

と考えております。
もちろん人によっては問答無用にきられることもありますし、
僕自身も無理だと思った相手に対しては距離を置かせてもらいます。
そんな中ですが、やはり人は人で救われるところがありますのでできる限り無駄な争いは避けるということが大切になってくるでしょう。

[ad#test1] [ad#test1]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

お金を稼ぐことが幸せだと思ったがそれが裏目に出てしまった話について!!

NO IMAGE

家族転勤でも田舎は避けた方が良い3つの理由!家族を守るためにも辞めよう!

NO IMAGE

鬱病寸前まで追い込まれたが、休職申請できなかった僕が伝える逃げることの大切さ

仕事は気楽にやろう!考えよう!力を入れても抜いても結果はほぼ同じ

NO IMAGE

長時間労働が偉いとか甘えという風潮が日本の闇を作っている話。

NO IMAGE

切羽詰まっていないとやらない、できない人間は病気!?そんな人は何を考えているのか...

error: ごめんなちゃい