遠出のオススメ!今いる場所から少しだけ足を延ばしてみること。

年を重ねていくにつれてだんだんと動きというものが鈍ってきます。いわば何を見ても感動をしないという現象が発生してきそう。
今いる場所からちょっとだけ足を延ばしてみることの重要性についての話。

スポンサードリンク

自分のいる世界は意外と狭い。

私たちのいる世界というのは本当に狭いです。
試しに隣にいる人に日本一周したことがありますか?
と聞いてみて下さい。
ほとんどありません。と答えるでしょう。(私はありますが)

 

この様に日本という島国にいるのにもかかわらず、
日本を一周もしたことが無い人の方が多数派なのです。

 

いわばそこまでの労力をかけて行動して何かを知ろうとする人というのはすごく少ないのです。

 

自分の能力を必要としている人は意外といる。

気が付いてないかもしれませんが、
どのような人でも意外と他者からするとすごい能力を持っています。
(たとえニートだろうと)

 

自分自身が価値が無いと感じている人は、世の中にはあなたの能力を欲しいと感じる人が1億人中100人位は存在しています。
その自分のことを必要としてくれる100人を探すのです。
そして必要としてくれている人に対して自分の持っている知識を与える事。
これをすれば幸せになれると個人的には考えています。

スポンサードリンク

 

価値観の合う人は意外といる。

僕らは生まれてきてから、幼稚園、小中高大学社会人と
ある一定の社会というものに強制的に参加させられます。

 

昔はそれをレール通り全うしていればで一生が終わりました。
(何の疑問も持たずにあの世に行く事が出来たのである意味幸せだったのかもしれません。)
しかしネット時代になりまして、自分の持つ検索スキルによって
勝手に探していく事が出来れば自分の価値観と似ている人と出会う事はすごく簡単になりました。

まとめ

ただ価値観の合う人とばかり付き合うというのも
自分の柔軟性を狭めてしまう可能性があります。
無理に付き合う必要はありませんが、世の中色々な人がいるのだな。

 

ということを認識することも非常に大切です。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ああああ

いいいい

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

自分の短所を打ち消そうとすればするほど苦しい理由について考えてみた!

NO IMAGE

貧困問題と貧困家庭から這い上がるのは難しいという話。まずは0-1を達成しよう!

NO IMAGE

出世とコスパについて考えてみた話。平社員 兼業が一番なのかも。

NO IMAGE

欲が無い子だね!という言葉は子供の欲をさらになくしてしまうという話。

NO IMAGE

日記や読書感想文が非常に苦手だった僕でもブログを継続することができた3つのコツ

NO IMAGE

子供のやる気を出させることに苦労している親へ告げる警告!あなたの声掛けはどうです...