ブルーライトカットメガネの効果は安い割に強力!?実際はプラシーボ効果なのか?

IT機器が世の中に普及してはや二十年くらい。人類の進化と供に凄まじいスピードで進化してきました。この変化ととともに人間の目の悩みも増えてきました。そこで開発されたのがブルーライトカットメガネです。

スポンサードリンク

そもそもブルーライトカットでなんですか?

ブルーライトとはパソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイから発せられる強力な青色光のことを指します。紫外線と波長が近い380~500ナノメートルの光で、可視光線※の中でも非常にエネルギーが高く、網膜にまで到達するほど。

 

購入した経緯

僕は本業でも1日中PCを使っておりまして、副業でも帰ってきた後及びお休みの日は1日PCを使う生活をしています。そのため目がを気にするようになりました。

またアフィリ仲間の方がアフィリしすぎて目が見えなくなる病気にかかるという非常に怖い事象も発生したのでなおさら目を大切にしようと考えました。
残りどれだけ生きて行くことができるかは不明なのですが、

 

1.確かに目が疲れにくい

ブルーライトメガネを使用してから確かに目が疲れにくいということは実感することができています。

疲労値というのは数値化できないのでなんともいえないのですが、確かに疲れにいという感覚を持ちます。

 

スポンサードリンク

2.意外と高くない

僕はメガネを作ってもらった時に追加サービスでブルーライトカット仕様にしてもらいました。
追加オプションで3000円でしたのでべらぼうに高くはありません。
ちなみにPCやディスプレイに貼るフィルムは数千円から1万円くらいとこれはなかなかのお値段となってきます。
自分自身が

 

3.パッと見だとブルーライトかどうかはわからない

裸眼の時と比べるとやや黄色みがかった形でみえます。
ですがそこまで気にはならない色だと考えます。数メートル先くらいなら全くわかりません。
普段からメガネかけている人であれば全く違和感ないと感じます。

 

実際にはプラシーボ効果もしれませんが

プラシーボ効果とは?

薬効成分を含まない偽薬を薬と偽って投与された場合、患者の病状が回復するような治療効果を「プラシーボ効果」と言います。

これはブルーライトカットメガネにも適応できると考えます。
本当は効果がないかもしれませんが、実際には目が疲れにくくなったりだとか作業効率が高くなってきたりだとかするのは僕が実際に使ってみて感じた結果です。
といっても数千円レベルなので信じるか信じないかは自分で考えて購入していけたらよいでしょう。

スポンサードリンク

 

 

ああああ

いいいい

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

レールに乗りたくない?は強者が言える言葉!凡人はおとなしくレールに乗っておけ!

NO IMAGE

少々物足りないくらいがよい!完全な満足をすると逆に不満足になってしまう3つの理由...

NO IMAGE

会社の飲み会が大嫌いな人の理由と対策について!毎月4000円の減給を防いで別ごと...

NO IMAGE

会社員は報われない5つの理由!モチベーション管理は自営業より楽なんだが。

NO IMAGE

きらびやかな世界には近づかないほうがよい!?キラキラ系が怖い3つの理由!

NO IMAGE

起業の科学第1章Idea Verification アイデアの検証p16~17