大人になって大学の学食を利用してわかった3つのこと!若い力をもらってこよう!

僕は現在某大学の近くに住んでいます。
休みが不定期なのでプラプラと大学の学食行ってみようかなとおもい行ってみました。

学生時代にお世話になった学食を大人になって利用してわかった3つの事について書いていきます。

スポンサードリンク

 

1.意外と何も言われない

学食へ入って普通に購入しましたが意外と何にも言われませんし、周りからの視線も感じられませんでした。

逆に挙動不審のほうが怪しまれるので、普通に定食屋に来た感じでご飯を食べればいいです。

何事も無くボッチ飯を楽しみましょう!

 

2.若いパワーをもらえる

某ももう30手前、それに対して20そこそこの子たちがたくさんしゃべっている。

これは結構刺激になります。

不謹慎ですが結構かわいい子もいますし、目の保養にもなり大変良い空間なのであります。

周りが暑苦しいおっさんおばさんばかりで嫌だと感じる時は、学食へ行って若いパワーをもらうというのも一つの手かもしれません。

スポンサードリンク

3.やすい!

学生時代も米だけもっておかずを購入するという作戦をよくとっていましたが、まさか社会人になっても同じような事をするとは思いませんでした。
大企業で食堂があるところに行けなかった。他人からのレールに外れてしまったとしても、こういう穴場的なところがあれば安くご飯を食べる事が出来ますし、コンビニのごはんよりは栄養バランスはとれます。あまりおいしいとは言えませんが、食べる事が出来るだけ幸せです。

 

大学にもよると思いますが、外部者歓迎の学食もあるそうです。

基本は学食は学生のための場所なので食べ終わったらさっさとでていくのがマナーだと感じますが、利用するからこそ生まれるなにかもあると感じます。

これからもちょっとずつ学食を利用して大学に貢献していきたいと考えます 笑

スポンサードリンク

 

 

 

 

ああああ

いいいい

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

怪我の功名!?左手でマウスが動かせるようになった話と左利き矯正についても!

NO IMAGE

ペットを飼う前に自分自身をしっかり面倒見ることができるか?

NO IMAGE

米をひたすら冷凍して食費を節約していった話!日本のコメは世界一!?

NO IMAGE

挑戦する人も素晴らしいし、しない人も素晴らしい。人のそれぞれの価値観を否定するな...

NO IMAGE

お茶農家に生まれてしまった悲しみと可能性について!儲からない商売をすることの残念...

NO IMAGE

子供のために生きるという親は自分の人生を生きていないという話。