親に褒められなかった子供は自己啓発に走りやすくなるから気をつけろ!その理由3点!

今回は親に褒められなかった子供は自己啓発に走りやすくなるという話について書いていきます。簡単な言葉で行きますとトラウマという言葉になってしまいますが、僕らは最後まで生き抜く必要があります。そんな中で自己啓発などをやっている暇は1mmもありません。

スポンサードリンク

1.自己肯定感が育っていない

一番身近な大人である親から褒められなかったということでありますと、子供本人の自己肯定感というものが育っていない可能性が有ります。
自分は何かが出来ても出来なくても価値がある。ただ存在しているだけで価値がある。ということを大人から教えてもらっていないので、何か結果を出して自分を認めてもらおうという思考に陥ります。(僕がそうでした)

そしてその強烈な劣等感で物事を達成した時というのは非常に非常に苦しい。その後に真っ逆さまに転落していってしまうということもあります。

もしあなたが今楽しさではなく劣等感で何か作業をしているということであれば、一度人生を振り返ってみるというのもよいかもしれません。

正直何かを持っていようが持っていまいが、100年後にはすべてなくなってしまいます。なので今のうちに他人からの評価はどうでもいいとまではいきませんが、人というのは肯定してくれる人もいるし否定してくる人もまた同じくらいいるということを頭の片隅に入れておくというのもありでしょう。

 

2.褒めてくれる人に簡単についていってしまう

幼稚園や小学校で教わったと思いますが、

知らない人についてっちゃだめ

これは大人になってからも同じです。

特にキラキラした言葉を連発してくるやつはほぼ100%詐欺師です。気をつけましょう。

良くアメブロにいるネットビジネス女子など最たるものです。

スポンサードリンク

3.親が自己啓発読んでいる

これはぶっちゃけ論外です。
いい年した大人が自己啓発を読んでいるという時点でその親はすでに成功していませんので子供が成功する確率も格段に下がります。

ですが、その親もまたその親から肯定されずに育ってきたという真実があります。
自分たちの世代で断ち切りましょう。その為にはまず断自己啓発です

自己啓発は10代後半まで!それ以降は自分自身の経験値と努力によって自信をつけていくのが本当のあり方だと僕は考えます。

まずは自分で動いて経験値つもう。仕事でも、旅行でも、遊びでも、なんでもいいわ。とにかく動こう。

スポンサードリンク

ああああ

いいいい

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

肉体労働をして感じた3つのこと!身体を動かす事の大切さ!

NO IMAGE

ペットを飼う前に自分自身をしっかり面倒見ることができるか?

NO IMAGE

図書館パソコンスペースが快適すぎる3つの理由。1日中入り浸れる良い空間!

NO IMAGE

人生は金じゃないという人は2つのパターンがあるので注意せよ!人生は金である!

NO IMAGE

一年間に一つの事しかできない!やらない!と心に固く誓うと目標達成できる話。

NO IMAGE

転職前に確認と考える5つのこと!準備をすれば不安も軽減するよ!