ランサーズの外注で適当な仕事をされたときにしたい対応3点!貴重な時間を無駄にするな!

特化型ブログを書いていくうちに外注化をしたいと考える機会が増えていきます。

 

ですが、外注先ですべてがすべてよい対応をしてもらえるかというとそうでもありません。

 

今回はランサーズというクラウドソーシングで適当な仕事をされたときの対応について書いていきます。

スポンサードリンク

1.まずは外注さんに連絡しよう

 

何はともあれ自分が意図した記事と全く違うものが出来上がってきたら、外注さんに連絡し記事を修正してもらうように依頼していきましょう。

 
もしかすると自分の仕様書が甘かったかもしれませんので、きちんと見直しをしてどこを直せばよいのかということも含めて説明します。

 
※本来であれば自分で一度文章を書いたうえでpdf化してマニュアルとして運用していくと堅いでしょう。

 

2.ダメなら運営に連絡しよう

 

修正をしてもらえない場合は運営に連絡します。
修正拒否ということ自体外注さんとしての仕事を放棄しているのでどうにもなりませんが、取り消してもらうことでひとまずお金の支払いについてはストップすることができます。

 
無駄銭は防ぐようにしていきましょう。

 

※1週間とかある程度日数が立ってしまうと強制的に支払いをする必要がでてきますので、それまでに対処する必要があります。この期間を過ぎると運営に連絡しても処理ができませんという悲しい結末に。

 

3.ブロックしよう

対応をしたときにしっかりと対応してくれない場合についてはこれが賢明です。
いい加減な仕事をする人をのさばらしにしておくほど時間はありません。

 
あまり気持ちのいいことではありませんが、クラウドソーシングの世界はまだまだ発展途上のところがあります。

 
運営側に任せるのではなく、自分の身は自分で守っていけたらよいでしょう!

そして外注さんに失敗はつきものです。たくさん失敗していい外注さんを見つけて行きましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ああああ

いいいい

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

外注化はズルなんかなじゃない!立派な戦略である3つの理由

NO IMAGE

Twitterのアフィリエイターさんたちと飲み会した話!自分の実力チェックの場所...

NO IMAGE

最後の365乗まで諦めない!僕がブログを書き続けられる3つの理由!

NO IMAGE

起業の科学1-1 課題の軽視と意識しないのは大失敗のもとp20~p21

NO IMAGE

情報弱者だった僕が情報強者になるためにした5つ思考と行動!世の中詐欺だらけ!

NO IMAGE

凡人力のススメ!よい着眼点を持つコツについても!