有名とか無名とか関係ない!自分に合っている人が最も良いものである!

有名とか無名とか関係ないと感じた3つの話について書いていきます。自分は無名から凄くないとか、有名な人と付き合っているから凄いとかそういう思いを持っている人がいたとしたらそんなことはマジでどうでもいいということについて書いていきます。

スポンサードリンク

有名とか無名とか関係のない理由

 

①一番有名な人が一番だとするとそれ以外の人が好まれる理由がなくなるから

もし世界で一番絵を画くことが上手な人がいたとして、その人が最も優れているのであればその人以外の人は価値がなくなってしまうのか?
と考えたときにそれはおかしいということが理解できると思います。
そうしたらピカソだって、ダリだって、ルノアールだってみんな上手いし。誰の絵が素晴らしいかなんて誰にも理解できなくなってしまいます。
なのでまず有名とか無名とかそんなクソみたいなことで判断はしてはいけません。
あくまで歴史としての基礎を身につけるために人の文化を吸収していくという気持ちでいくのが個人的にはお勧めです。

 

②有名な人が自分との相性がばっちりかどうかは分からない。

 

有名人だからと言って人格者であったり本当に自分との相性がよいのかどうかということは不明です。
というより有名な人というのは他社に対して本当に心底その人のためをもって仕事をしているのかといわれるとこれまた疑問が出てきます。
何故かといいますと、有名な人というのはビジネスで我々と接してきます。そこに友情とかのたぐいの感情はほぼないといってよいでしょう。

 

極論を言ってしまうと自分の信者をたくさん作ることができればそれでいいという感覚でやっている人が殆どだと感じております。
なので無名でも実力があって自分のことを本当に親身に見てくれる人との付き合いを深く長く続けていったほうがお互いのためになると個人的には考えます。

スポンサードリンク

③有名人とか無名人とか本当どうでもいい

有名な人というのは自己顕示欲がめちゃくちゃあります。自分がのし上がってやろう有名になってやろうという気持ちがないと潰れてしまうので、そういう他者に対する負けず嫌いだと感じる気持ちというのは普通の人の500倍くらいはあるんじゃないでしょうか。

 

さて、正直なところ、有名とか無名とかはどうでもいいのです。
一番大事なのは②で書いた通り自分との相性が合うか合わないか。ただそれだけです。

 

それに有名だから偉い。無名だから偉くない。という理屈も間違っています。
世間的に知られていなくても素晴らしい人は沢山いますし、世間的に有名でもろくでもない人は沢山います。

 

そういう人の目を見る力を養うためにもある程度若いうちは人に会うということをたくさんしておくことを僕はお勧めします。
世の中だまそうとしている人がたくさんいますから注意しましょう。
若いうちだったら極論騙されたとしてもしょうがないと感じるところがありますが、年取ってから騙されるというのは精神的にも金銭的にもかなりのダメージが来るからです。

 

スポンサードリンク

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ペットを飼う前に自分自身をしっかり面倒見ることができるか?

NO IMAGE

親に感謝できないのも正解。親に感謝できるのも正解。どっちも非難すんな!!

NO IMAGE

会社が潰れかけて分った3つの事!潰れてからどうしようでは遅いからすぐに逃げよう!

NO IMAGE

お茶農家に生まれてしまった悲しみと可能性について!儲からない商売をすることの残念...

NO IMAGE

合わない人とは会わない、合わせない自分の中に毒を持ったほうがよい5つの理由

NO IMAGE

ムーンライト越後で新潟-東京-名古屋まで鈍行で帰って来ようとした話。さすがに電車...