少年野球指導者のトラブル対応と心得について考えてみた話。

僕が小学校時代に入っていたリトルリーグという野球チームがあります。

リトルリーグは小学生ながらプロと同じ硬式ボールを使います。

そして僕のチームは全国大会に行くほど強いチームでしたが、その中でも指導者という存在はとても大きいと感じます。僕が少年野球で感じたよい指導者とダメな指導者の違いについて書いていきます。

スポンサードリンク

僕が考えるダメな指導者

練習中に飲酒、喫煙をする。

→これは結構面倒くさい話で、喫煙はしょうがないとしても、(今の時代たばこすらNGというのに)
酒は練習後に飲んでほしいところです。
大人になった今考えると人格を疑います。

練習中に好物を我慢できない大人に子供は指導できません。

 

少年野球指導者の息子には優しくひいきし、他者には厳しい。

→あるコーチは僕と同い年の息子をチームに入れていました。
僕が1試合に奇跡的に2本ヒットを打ったのにもかかわらず、なぜかチーム全体の中で僕のスイングはへっぴり腰ではだめだと辱しめるようなことを平気でいう。
ですが、自分の子供に対しては、甘いんです。

 

このような人についていこうと思う人間は少ないでしょう。

 

少年野球指導者が罵声をいう。

大人だって会社で罵声浴びさせられたらいやだろうに。

罵声して上手くなったらみんなプロ野球入れるわ。

あと声にスランプはない。とかいうトンチンカンな事を言う人もいました。

たしかに声を出すということはカラオケなどにも通じるように、やる気を出したり一時的に感情の高ぶりをもたらすことが出来ますが、ずっと声を出し続けたらどうなるでしょうか?

 

もれなく疲れますよね。

 

なので練習時間が1日あるとして1日中声を出し続けるというのは人間の機能として不可能なのです。

 

ノックでホームランを打つ。

→僕は外野を守っていましたが、監督からして気に入らないことがあるとノックでホームランをかっ飛ばしてくる監督がいました。

 

これでは練習になりませんし、練習時間の無駄です。

自分が気に入らないからと言って子供に当たるということ自体大人として恥ずかしくないのでしょうか。
せめて強烈な打球にしてほしいところでした。

少年野球指導者が遅刻する

練習時間9時ちょうどに来たことがなく、いつも遅刻してきていました。

学校は遅刻すると怒られるのに、監督は遅刻してよいのかといつも思いました。

そして会社で疲れているでもなんでもいいから、しっかりと説明をしてほしかった。

子供が遅刻すると怒るくせに、監督が遅刻しても許されるということはどうなんでしょうか?

 

少年野球指導者の暴言は選手にとって辛い

指導者の皆さん 月~金までお仕事お疲れ様です。

そんな中、土日も野球の指導をするというのは大変なことだと思います。

 

たけど! 感情だけで子供に当たるようだったら指導なんてする必要はないです。

怒鳴ったり暴力を奮ったりなど子供はあなた達のストレスのはけ口ではありません。

小さい子供からすると大人の意見は絶対です。

少年野球指導者に合わないと言って野球をやめてしまったりいじめに発展したりと根深い問題です。

 

変な影響を与えるくらいならグランドから出ていけ!!と僕は言いたい。

スポンサードリンク

僕が考える良い指導者

選手の長所を的確にほめれる。短所の中の長所を見つけられる。

信じてもらえるかわかりませんが、
僕は元プロ野球選手の土屋健二選手と同じチームに入っていました。

 

彼のお父さんもコーチとしてチームの指導をしていただいたことがあります。

僕のバッティングフォームは綺麗でセンター返しが上手い。
そして守備も上手だ。

 

もちろん厳しいところもありましたが、選手の長所を伸ばすという点では僕は土屋パパは大好きでした。
(僕はバッティングはダメダメでしたが、守備は得意でした。自分でもあまりうまくないと思っているバッティングで褒めてもらったことは非常にうれしかったし励みになった記憶があります)

 

彼がプロ野球に入れたのも本人の努力はもちろんですが、
お父さんいう名コーチがいたからだと感じます。

 

ちなみに彼とは3つ離れており当時からかなりうまかったですが、まさかプロに行くとは思わなかった。

 

そして、残念ながらプロ野球を引退したあと経営者の道として第二の人生を死に物狂いで頑張れているのも、
このお父さんいう良い指導者に恵まれていたからではないかと僕は感じます。

 

声をよくかけて安心をさせられる

選手の中にはそもそも大人にたいして不安とか恐怖を感じてしまう子もいます。

そういう子に対して単純に怒鳴り散らしても無意味です。

そんな時にしっかりと声をかけてくれて安心をさせられるということができる指導者というのはものすごく貴重だと感じます。

と思われないように精進していけたらよいと思います。

少年野球の指導者にも資格や講習が必要なのでは?

個人的には少年野球の指導者にもライセンスというものが必要であってほしいです。

あまりにも昭和時代の努力根性型の終わっている人たちが多くて残念に思えてきます。

別にコーチ自体がもの凄く上手くなくてもいいんです。
今野球の指導をしているコーチの人たちは子供に指導する前に
自分の指導をしたほうがよいのでは???

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

レールに乗りたくない?は強者が言える言葉!凡人はおとなしくレールに乗っておけ!

NO IMAGE

鬱病寸前まで追い込まれたが、休職申請できなかった僕が伝える逃げることの大切さ

NO IMAGE

上杉鷹山の為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけりを実際に見に行...

NO IMAGE

誤解を解く5つの方法!人は一人では生きれるようで生きれない。

NO IMAGE

親に感謝しなきゃという気持ちは、みんなと仲良くしなきゃと言う教師と同じという罠!

NO IMAGE

出世とコスパについて考えてみた話。平社員 兼業が一番なのかも。