かやくまは左手を隠す理由はなぜ?驚きの事実とは?

人気のYouTuberかやくまさんをご存知でしょうか?

かやくまさんは、女子大生YouTuberとして、等身大の女子大生の日常や関心事、出来事などを配信している、かわいい系YouTuberです。現在は、大学を卒業し、一般人女性としてチャンネルの運営を継続していますので興味のある方はチェックしてみてください。

今回はそんなかやくまさんの左手を隠しているのはなぜなのか?ということがネット上で噂になっておりましたので調べてみました。

スポンサードリンク

Contents

かやくまのプロフィール

1997年12月20日生まれのかやくまは2023年現在26歳、在学時は近畿大学経営学部の学生YouTuberとして活動していました。

近畿大学は、日大、東洋大、駒澤大、専修大などと同等の学力レベルを誇る関西の私立大学で、シャ乱Qの元ヴォーカルにして、モーニング娘などのプロデューサーであるつんくさんの出身大学としても有名ですね。

近年ではマグロ大学としてマーケティングにも力を入れて全国屈指の入学者数を誇っている大学でも有名です。

比較的頭の回転もよく、動画内容やルックス、雰囲気や人柄などで人気のかやくま。

見た目は普通のかわいい女子ですが、彼女にはひとつだけ、まことしやかな噂がありました。調べてみましょう。

 

かやくまの左手を隠しているのはなぜ?

かやくまの噂、それは、文字にするのも少々ためらわれるのですが以下の三つでした。

・左手がない(義手?)

・左手の指がない(親指がない?)

・左手を怪我している

結論からいうと左手に軽度の障害があり、通常よりやや小さいそうなのですが、なぜそのような噂になったのでしょうか。

それは、かやくまが自身の動画の中などで左手を見せないからでした。画面に写らないのです。注意してみると、身体の後ろに隠しているような感じに見えます。画像によっては左手の位置にある普通の手も、実は、インカメラによって左右反転されたものだったりします。

 

これは、着ている洋服のロゴやプリント、背景物などが、鏡文字になっていることで発覚したものでした。こんなところにまで気がつくとは、人間の秘密を暴こうとする、すなわち、良くない方向に向かうエネルギーには少々恐ろしさも感じますね。

かやくまの左手について、2ちゃんねるやTwitterなどをはじめとするSNSやインターネットなどで憶測で様々な情報が飛び交っていたのも事実でした。

そのような状況を受けて、かやくま本人が2017年3月に自身のYouTubeで「左手のことについてお話しします」というタイトルで動画をアップします。

(引用先:かやくまYouTube)

 

その動画では「生まれつき普通の手より小さい(障害がある)」「気にしている、というほどではない」「初対面の人には隠してしまう」「物は持てる」「聞いてくる人も結構いる」など赤裸々に告白したのでした。

当時二十歳そこそこのかやくま。二十歳の女子が、自身の身体的な特徴について告白するのは容易なことではなかったと思います。ましてや数名の気心知れた仲間への告白ではなく、数十万人のチャンネル登録者に対して告白するのですから、相当な勇気が必要だったはずですね。動画の中で彼女は、「この事実を知って嫌だなと思う人もいるだろう」とも話していました。

数年たった2021年11月にも再度本人が自身のYouTubeで左手について語っています。

このときは、当時よりやや大人っぽくなったものの、やはりいつもの動画とはほんの少し違うかやくまがそこに居ました。

(引用先:かやくまYouTube)

 

かやくま自身が、自身の左手を悲しんだり悔んだり、コンプレックスに感じたりしたこともあるかもしれませんし、それ以上に「こんな体に生んでしまって…」と両親、特に母親は幾度となく自身を責めたことでしょうね。そういったことを考えると、簡単に発言できることではないのだな、と痛切に感じませんか?

手の障害というのは見た目に関するものなので下記のようなリスクを追ってしまう可能性があります。

  1. 自己アイデンティティとアクセプタンス: 手の障害がある人々は、自己のアイデンティティや外見に対する認識に影響を与える可能性があります。初めて障害を受け入れる過程や、周囲の人々と比較して異なると感じることがあるかもしれません。アクセプタンスを得るためには、個々の過程が異なりますが、カウンセリングやサポートグループなどが役立つ場合があります。
  2. 自己効力感と挑戦: 手の障害を持つ人々は、日常生活や仕事においてさまざまな挑戦に直面する可能性があります。初めての障害との向き合い方や、新しい方法でタスクを遂行するための努力が必要になるかもしれません。自己効力感(自分で問題を解決できるという信念)を高めることが重要であり、適切な支援を受けたり、新しいスキルを習得したりすることで、自信を築いていくことができます。
  3. ストレスと精神的な健康: 障害による制約や日常生活の変化は、ストレスや不安を引き起こす可能性があります。これは心理的な健康に影響を及ぼすことがあり、適切なストレス管理やメンタルヘルスのケアが必要です。心理療法やリラクゼーション技法などを活用して、ストレスを軽減する方法を見つけることが大切です。
  4. 社会的関係とサポート: 周囲の人々との関係は、手の障害を持つ人々にとって重要です。理解ある家族や友人、同僚とのコミュニケーションや、サポートが心理的な健康に影響を及ぼすことがあります。一方で、差別や偏見に対処することも必要かもしれません。
  5. アダプテーションとクリエイティビティ: 手の障害がある人々は、日常の活動を遂行するためにクリエイティブな方法を見つける必要があります。新しいアダプテーション技術やツールを使って、生活を充実させることができます。この過程で、問題解決能力や創造力が発展することもあります。

様々な噂に対して正面から向き合い、自分の口で事実を語ったかやくまの人間的な芯の強さに心を打たれました。

そして、何ができる訳もないのですが、身体の一部に大なり小なり障害を持って生れた方々にとって、生きやすい世の中になってくれることを影ながら願うばかりです。

すべての人が「よく生きる」ことのできる社会に心から期待します。

(「よく生きる」っていうと進研ゼミのベネッセみたいですね。。。)