棚卸が合わない!?ミス防止についても

単純作業なため
たまにカウントミスをしてしまう。

1.数字を声に出して読む

指差し呼称と同じ理屈。
読むことでミスを防ぐことができる。

2.部品の意味を考える

単純作業のため
ただカウントしてるだけだと眠くなる。

3.確認付箋で二重チェック

バーコード読み取り、入力
付箋 見直しで数字の入力ミスを防ぐ

これらのことをしてきたがどうしても間違いというのは起きてしまう。

棚卸を二人一組で行う

ダブルチェックをするという意味で二人一組で行うのがいいです。ただ人員的な問題でできないことも。

棚卸は大変

私は製造業で働いていたことがあったので毎年棚卸をやっておりました。

棚卸は漏れもあるし、めんどうくさいし、難しいことも多々あります。

棚卸資産は少なければ少ないほどいい。

結局棚卸は残っている在庫を数える作業です。

決算書に記述するための資料となる重要なものですが、なければないほど様々な部署が助かります。

極論棚卸資産がなければ購買も経理も楽ができます。(それは不可能だが)

できるだけ棚卸資産は少ないような運用ができる会社は素晴らしいですね。

 

ああああ

いいいい

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

転職するならボーナスが確実に出る会社かしっかり調べよう!時間と労力の無駄にならな...

NO IMAGE

昼寝をする際に考えていることについて

NO IMAGE

定時で帰れるのに帰らない人の特徴の話。自分はいいけど周囲はイライラしているよ。

NO IMAGE

ブラック企業の体験と体調の話。社長の状態が会社の状態であり自分の状態。

NO IMAGE

彫刻屋さんに助けられた日。

NO IMAGE

職業訓練受講におすすめな人3点の理由について!安易に会社は辞めるな!