彫刻屋さんに助けられた日。

納期遅れになりそうだった部材を彫刻屋さんに持って行った。

本当に隠れ家的な場所にあり探すのに少し迷いました。

スポンサードリンク

プラスチックをただ削ってもらうものなのだが、1社に集中してしまうと仕事が重なってしまってどうにもならない。

ということも発生しました。

そのため、複数社に分けて納期短縮を図るとともに、

普通の家でしたが、中は彫刻道具が沢山あった。

社長さんにあいさつして、母材渡して終了。

いい仕事してくれます。

この仕事は本当に嫌だけど、ほんの少しだけいい人たちに囲まれているからそれでなんとかやってきている。

ということになります。

 

ああああ

いいいい

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

電験三種(第三種電気主任技術者)の難易度と合格率どれくらい?合格した時の話とその...

NO IMAGE

会社員はごっこ遊び!平均点をしっかりとって副業に挑むのが本当の賢い生き方!

NO IMAGE

世直し先生高寺徹さんの評判とブログについて!実際はYouTube通りの面白さでし...

NO IMAGE

仕事が無いのに会社にいつまでもいる人の傾向と心理!

NO IMAGE

コールセンター業務をやってみて分かった5つの事!苦労の割りに報われない!

NO IMAGE

長時間労働が偉いとか甘えという風潮が日本の闇を作っている話。