彫刻屋さんに助けられた日。

納期遅れになりそうだった部材を彫刻屋さんに持って行った。

本当に隠れ家的な場所にあり探すのに少し迷いました。

スポンサードリンク

プラスチックをただ削ってもらうものなのだが、1社に集中してしまうと仕事が重なってしまってどうにもならない。

ということも発生しました。

そのため、複数社に分けて納期短縮を図るとともに、

普通の家でしたが、中は彫刻道具が沢山あった。

社長さんにあいさつして、母材渡して終了。

いい仕事してくれます。

この仕事は本当に嫌だけど、ほんの少しだけいい人たちに囲まれているからそれでなんとかやってきている。

ということになります。

 

ああああ

いいいい

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

三価と六価 メッキについての違い。

NO IMAGE

仕事が無いのに会社にいつまでもいる人の傾向と心理!

NO IMAGE

バブル世代の上司のもとで働いて分かった3つの事!ゆとりバカにすんな!

NO IMAGE

銅とステンレスをはめあわせる部品についての疑問。

NO IMAGE

転職に対しての罪悪感は不要!挫折しても最後に決まれば問題ないし数十年付き合う人は...

NO IMAGE

低学歴が高学歴と渡り合う為に行った5つの方法!人生は召還魔法!