小池都知事の愛犬そうちゃんのペットロスと過労がヤバイ?静養が必要な理由を解説!

小池百合子東京都知事は6月22日に都庁での取材後、過度の疲労で都内の病院に入院しました。
前の週から具合が良くなかったという。入院期間も27日までとされていたが、28日以降も入院は継続、特定の病気や検査ではなく、疲れが取れていないためという医師の判断、復帰時期は未定とされている。

 

この入院の一員として小池都知事の愛犬が亡くなってしまったということが関係しているのではないかという情報がありましたのでそれについて調べています。

スポンサードリンク

小池都知事の愛犬そうちゃん

 

小池都知事の愛犬は「そうちゃん」という名前だそうです。総理大臣からとった名前で小池都知事はそうちゃんを溺愛していたそうです。小池都知事の入院の一報を聞いて丸川大臣や森山国対委員長がコメントをしています。

小池都知事はペットロスでも過労がたまっていた

小池知事が過労で静養にはいっています。

元々激務でも耐えていた知事が入院するまでに心が折れた大きな要因は、先日愛犬そうちゃんが亡くなったことも大きな要因だと考えられます。

これにより今までコロナや五輪その他で都民の災難を気にもしなかった心が一気に折れてしまったのでしょう

ペットが亡くなったことによるストレスをペットロスといいます。

家族や配偶者の死も相当なストレスですが、ペットがなくなるというのもかなりのストレスが入ってくるという風に感じます。

さらに小池知事はこれだけではなくてコロナの案件だったり音が通常業務だったりだとかオリンピック業務だとか。

ありとあらゆる業務が次から次へとと降ってきてはっきり言って休んでる暇なんてなかったんだということは誰が見ても分かります。

種類はヨークシャテリア、18歳のおばあちゃん犬でした。

 

以前テレビ番組で、小池都知事の特集が組まれていたのを拝見した際にも、大事に腕に抱きかかえた愛犬との姿がありました。その『そうちゃん』も歳をとり、老衰もあったのか虹の橋を渡りました。『そうちゃん』は、公務に疲れていた小池都知事を癒す大切な存在でした。

あのひろゆき氏もハムスターの死をまだ悔やんでいて、その理由が死ぬから。ということ。ひろゆき氏をもってしてもペットロスというのは非常に苦しいのです。

 

今までの記事一覧

今までの記事一覧をまとめてみました。

投稿一覧はこちらからどうぞ

こちらを確認していただければあなたの気になる人物もすぐに見つけることができますよ。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

菊水産業火事火災は野焼きが原因?社長や専務のコメントはある?

NO IMAGE

台風16号風向きと名称は?日時と降雨量予想何ミリ?

NO IMAGE

蕨変電所メーカーと爆発火災事故の場所はどこ?停電範囲は?

NO IMAGE

エキノコックス犬予防薬や検査や症状はある?

NO IMAGE

ポケモンストア閉店一覧まとめ!休業の影響とオンライン化も!

NO IMAGE

阿蘇山火口料金や所要時間は?飛び込みは無理!

error: ごめんなちゃい