起業の科学1-1課題の発見となぜそれをするのかを考える。

起業の科学1-1 課題の質と自分の課題について書いていきます。

p23~p24です。

スポンサードリンク

課題を発見するというのはまだ始まったばかり

課題というのは発見しただけでは意味がなく、そこから磨きをかけていく必要があります。

その時に自分が自分の課題についてなぜそれをするのか、どういう悩みを持っているのかを感じていないとアイデアの具現化と実行をすることは難しい。

ユニファ株式会社

ユニファ株式会社は、日本の愛知県名古屋市に本社を置くポータルメディア事業を行う企業である。

代表を務める土岐泰之は、かつては大手商社やコンサルティング会社に勤めていたが、ある時「仕事より家族との時間を優先させよう」と決意する。数年が経ち、このまま自分の人生を終わらせられないと企業の構想を練り始める。自分らしい事業として「家族」をターゲットにすることに気付き、自分と子どものコミュニケーション不足、子どもが通っている保育園が抱える課題を解決する方向に定まる。保育園で過ごす子どもの様子を撮影した写真や動画を取り扱うコンテンツは当時どこにもなく、保育園での子どもの様子を写真や動画で見ることができ日々自動更新される「るくみー」の企画につながった。

土岐社長自身が徹底的な現場調査を含めて、保育園と保育士にインタビューを重ねて作成した課題の解決が商品となっている。

 

なぜ自分がそれをやるのかを考える。

自分自身が持っている悩みであれば、情熱をかけることができる。

だが、全く知らない第三者の課題というのは共感や情熱を持つことが難しい。

課題の検証をするためには自分自身が感じている痛み出ないと中々本当の課題にたどり着くということに繋がりにくいことも事実であります。

Y combinator

YコンビネータLLC(Y Combinator LLC)は、カリフォルニア州マウンテンビューのベンチャーキャピタルである。主にスタートアップ企業に対し投資している。2005年にポール・グレアム、ロバート・T・モリス、トリヴァー・ブラックウェル、ジェシカ・リヴィングストンにより設立された。

他のスタートアップファンドと比較した場合、Yコンビネータは非常に少ないお金 (2万ドル前後) を提供するのが特徴である。3カ月にわたって集中的に指導し他のベンチャーキャピタルなどから投資を受けられる状態まで育てる。これはグレアムの哲学に依るものである。2011年までに約316社に投資を行っている→2018年現代では1500社近くの投資を行っている。

YCがファウンディングをするということに対してユーザーのことをどれだけ理解しているのか?ということを重視している。

ユーザーのことを全く理解しないままにプロジェクトを進めていくのは非常に危険であり、失敗の可能性大である。

ファウンダープロブレムフィットとは

自らの持つ課題と解決を目指す課題との合わせたもの。

ファウンダー:創業者

プロブレム:問題

フィット:合うこと

創業者の持つ課題に対して周囲の人は集まってくる

自分自身が持っている課題への強い共感であったり、解決したいと思う感情が
自分自身のスタートアップに影響を及ぼしていく。

赤の他人の持っている課題を解決しようとしても全く参考にならないということを知ってほしい。

僕であったらこのオール3バズーカというブログで発信している理念というものがあります。

それは、工業高校からの進学。
毒親からの独立。
サラリーマンからの起業。

などなど、一般的に普及しているものからちょっとマニアックなものまで沢山課題があります。

これは自分自身が持っている理念であったり将来こうなりたいというビジョンが明確になっているかなっていないかの差になってきます。

また、自分の課題というのが大切な理由についてはもう一つあります。
それはスタートアップや起業をするということは予想以上に辛いことの連続になってくるからです。

心が折れそうなときに信念があるかないかというのは自分の中にある炎を燃やしていけるか水をかけて消してしまうかの大きな違いになってきます。

壁の向こうに色々な人の笑顔があるということに対してビジョンがあるというのは辛い中にも楽しみが増えていく一因になってくると考えます。

課題にあった原体験というものがあるのか?

自分の課題というのは言い換えると、自分のコンプレックスにとことん向き合う必要があります。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

linebutton_vertical 起業の科学1-1課題の発見となぜそれをするのかを考える。
元オール3ヒロ
毒親の元で放置され学ぶ意味が分からず中学3年生までの成績はオール3。

高校時代に恩師に出会い 就職率9割の工業高校から進学し、大学時代に合格率10%の難関電気資格に合格。
ブラックメーカーに就職後過労死寸前のドロップアウトから安定電力系に転職し兼業ブロガー中。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

元彼女に自分の人生を全否定されて振られて分かった3つの事!這い上がるためにも必要...

NO IMAGE

マイカー、マイホーム、学歴等を捨ててみてわかった3つのこと!余計なものはいらない...

NO IMAGE

起業の科学1-1 課題の軽視と意識しないのは大失敗のもとp20~p21

NO IMAGE

憧れの人の人生の歴史を知ろう!泥臭い時代が絶対あったという話。

NO IMAGE

本業が副業で副業が本業とする考え!本業は2割打てれば問題なし!

NO IMAGE

会社の飲み会が大嫌いな人の理由と対策について!毎月4000円の減給を防いで別ごと...