起業の科学1-1 課題の軽視と意識しないのは大失敗のもとp20~p21

起業の科学1章の続きについて要約していきます。

P20~P21です。

スポンサードリンク

課題について浅く考えてしまって失敗した例について

 

グーグルグラス

 

Project Glassという研究開発プロジェクトで開発しているヘッドマウントディスプレイ(HMD)方式の拡張現実ウェアラブルコンピュータであるlinebutton_vertical 起業の科学1-1 課題の軽視と意識しないのは大失敗のもとp20~p21。ユビキタスコンピューティングに向かってさらに一歩前進するために手に持つこと無くどこでもどんな時でもインターネットとコンピュータにアクセスできるようになっている

 

 

失敗原因は課題を明確化してから作成したのではなく、
自分たちが作りたいものを作ってしまったからだと考えられている。

それにともない市場の規模が十分になかったということである。

また、内蔵カメラがあることでプライバシーを懸念する声もあがり映画館やバーなどの入店を断れられることにもつながったという。

 

linebutton_vertical 起業の科学1-1 課題の軽視と意識しないのは大失敗のもとp20~p21linebutton_vertical 起業の科学1-1 課題の軽視と意識しないのは大失敗のもとp20~p21 【第三世代】Google Glass V3.0 2GB RAM グーグルグラス XE-C 開発者向け (White ホワイト)linebutton_vertical 起業の科学1-1 課題の軽視と意識しないのは大失敗のもとp20~p21

 

アップルウォッチ

 

アップルから2015年4月24日に発売された腕時計型ウェアラブルコンピュータである(スマートウォッチ。

当初のアップルウォッチのエコシステム展開では、ユーザーが商品にまだ定着していない段階で拡散してしまったのが敗因だと考えられる。

 

エコシステム展開とは

自然界の生態系のように循環の中で効率的に収益を上げる構造」や、「複数の企業や登場人物、モノが有機的に結びつき、循環しながら広く共存共栄していく仕組み」といった意味で使われる。

 

金銭面では全く問題ないグーグルであったが、力押しでやってしまいユーザーの期待に応えることはできなく当初は売れなかった。

しかしながら、徐々に改良を行い第三世代の段階で売り上げは好調となってきているようである。

 

linebutton_vertical 起業の科学1-1 課題の軽視と意識しないのは大失敗のもとp20~p21linebutton_vertical 起業の科学1-1 課題の軽視と意識しないのは大失敗のもとp20~p21 Apple Watch Sport 42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンドlinebutton_vertical 起業の科学1-1 課題の軽視と意識しないのは大失敗のもとp20~p21

 

課題を意識しないのは死と同じ?

上記に記したグーグルやアップルのような世界を代表する企業であっても失敗することはあるということを事例に出しました。

このようなことがあるのに、私たちのような弱小起業家や個人事業主が何も考えずにやってしまうと即死の可能性があります。

ぺブルテクノロジー

こちらの会社もグーグルウォッチのようにウェアラブル端末の開発に乗り出しておりましたが、失敗に終わってしまいました。

こちらの会社はクラウドファンディングによって資金を集めたが、結局は興味本位での資金調達ということになりユーザーの本当の課題というものにはたどり着かなかったようである。

Appleや他のスマートウォッチメーカーに先駆けて、腕に装着したデバイスを通じてさまざまな情報を提供する仕組みを開発してきたPebbleが、単独での活動を終了することとなった。

FitbitがPebbleを買収するのではないかという噂は、先月から流れ始めていた。私たちの入手した情報によると、価格は3400万ドルないし4000万ドルとのことだった。ちょうど、Pebbleの負債額に相当する額だと言われていた。しかしこれまでは、Twitter上に流れるうわさ話に対して、肩をすくめる絵文字を投稿するだけで、話を肯定するようなことはなかった。

ところが今日になって、PebbleのCEOであるEric Migicovskyがブログ記事を公開し、買収されることを正式に認めた。記事の中では製品を今後どうしていくのかということについても記されている。ただし買収価格の詳細などについては触れられていない。

「Pebbleの操業を停止して、デバイスの製造を停止するというのは、かなり苦しい判断ではありました」と記している。「これまでのPebbleはなくなります。ただしチームPebbleの多くはFitbitに移籍し、ウェアラブル向けソフトウェアの開発を続けていくことになります」。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

linebutton_vertical 起業の科学1-1 課題の軽視と意識しないのは大失敗のもとp20~p21
元オール3ヒロ
毒親の元で放置され学ぶ意味が分からず中学3年生までの成績はオール3。

高校時代に恩師に出会い 就職率9割の工業高校から進学し、大学時代に合格率10%の難関電気資格に合格。
ブラックメーカーに就職後過労死寸前のドロップアウトから安定電力系に転職し兼業ブロガー中。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

お金だけでメンターを決めるな!自分との相性や波長も見よ!

NO IMAGE

元カリスマアフィリエイターK氏との共同生活で教えてもらった3つのこと

NO IMAGE

ガラゲータブレット使いから楽天モバイルに変更してみて分った3つのメリットデメリッ...

NO IMAGE

最後の365乗まで諦めない!僕がブログを書き続けられる3つの理由!

NO IMAGE

レールに乗りたくない?は強者が言える言葉!凡人はおとなしくレールに乗っておけ!

NO IMAGE

元彼女に自分の人生を全否定されて振られて分かった3つの事!這い上がるためにも必要...