マイナス思考からの脱出!?スタート地点へ這い上がるための方法3点

人生いろいろあります。一度は転落するところまで行ってしまう人もいることでしょう。何を隠そう僕が一度落ちるところまで落ちてしましました。

 

ブラック企業入社、親が働けない、妹の学費の援助、自分の奨学金。ネットビジネスでの借金。これらを自分自身で背負ってしまったところでどうにもこうにもすることができなく

スポンサードリンク

一番下に落ちたら一個ずつ登っていくだけ。

真っ逆さまに落ちてしまった時。

辛い時。もうだめなとき。
一番下に落ちてしまったとしたら、ちょっとずつ登っていくだけです。

 

自分も仕事 恋人 お金 家族と
色々なものをいっぺんに失って泣いた時期がありました。

 

減っていく貯金残高を見て毎日泣いていました。
働きたくても欝病になりかけていて倒れてしまったので直ぐには働けませんでした。

 

親との不仲が原因で実家には帰れませんでした。(帰れるところがあるだけまし)
ニートにはなりたくなかったので、無理くりにでもと感じて職業訓練に通いました。

 
最後にはカウンセリングを受けて回復の兆しが見えました。
泣いて泣いて無き通して沢山悩んだ上での今があります。

 
それでも自分の中から湧き上がってくる感情。
このままでは終われないという気持ちは大切にしたいと感じます。

スポンサードリンク

マイナスの状態からずっとマイナスにはなれない。

マイナスの状態というのはつらいです。
自分自身が思ったように動かないという事は、想像以上のストレスになります。

 

そしてマイナスの時というのは時がたつと意外とあの時は大変だったけど今は大丈夫。と感じることが出来る時が来ると考えています。

 
僕の場合当時はどのように解決すればよいのかが全く分からなかったため倒れてしまいましたがもう一度同じことが出てきた場合には普通に対応する事が出来ると感じます。

 

なんで自分だけと今は思うかもしれないが、辛い経験が後で人の役に立つ糧になる人は自分に起こった辛い出来事に対して何で自分だけ?という感情を抱きがちです。
一般的に言われる辛い体験。

 
失恋 婚約破棄 離婚 失業 借金 破産 親しい人の死 自身の病気 人間関係のトラブル  親子関係の破たん
色々とあると思いますが、これらを経験したからこそ伝えられるものがその人その人にはあります。

 
それをいかに人に発信して共感を得てもらい自分という人間をファンになってもらうか。
人間万事塞翁が馬という言葉があります。

 

実現できる人間と実現できない人間は最後まで自分自身をあきらめなかった人間にだけ訪れるものだと個人的には考えます。

 

自らの状態をマイナスからゼロに戻す。

絶望的な経験をした後というのはどうしてもマイナス思考になります。

問題なのは人間のパラメーターは目には見えずに自分が今どこのとこにいるのかがわからない。と言う点にあります。

そんな時どうすればよいか?

 

苦しいときは専門家に相談する。

自分の状態は自分自身ではどうすればよいのかわからないことがほとんどです。

 

そんなときは遠慮しないでカウンセラーに相談しましょう。

 

軽度の場合は愚痴を聞くサービスでも電話占いでも問題ありません。悩みを口に出さないこと自体が毒になってしまいますので。

 

誰かに悩みを話すということは全く恥ずかしいことではありません。少しでも楽になれる方法を探していきましょう。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事を書いた人

linebutton_vertical マイナス思考からの脱出!?スタート地点へ這い上がるための方法3点
元オール3ヒロ
毒親の元で放置され学ぶ意味が分からず中学3年生までの成績はオール3。

高校時代に恩師に出会い 就職率9割の工業高校から進学し、大学時代に合格率10%の難関電気資格に合格。
ブラックメーカーに就職後過労死寸前のドロップアウトから安定電力系に転職し兼業ブロガー中。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

誤解を解く5つの方法!人は一人では生きれるようで生きれない。

NO IMAGE

本を読まない人はダメ!?ただ読んでいるだけだと読んでいない人と変わらない話。

NO IMAGE

本当に稼いでいる人は情報発信しない!?情報発信しているうちは修行中の身という話!

NO IMAGE

凡人力のススメ!よい着眼点を持つコツについても!

NO IMAGE

アフィリエイト勉強会の主催と運営を続けてみてわかった5つのこと!

NO IMAGE

ランサーズの外注で適当な仕事をされたときにしたい対応3点!貴重な時間を無駄にする...