親のために兄妹のために生きるのではない。自分のために生きるのだ!

僕はあまり恵まれた家庭環境にて育つことができませんでした。今はやりの毒親というものに苦しめられながらも、今現在まで生き延びています。

今回はたとえ親だろうと兄妹だろうと自分の稼いだお金は自分の幸せのために使うのだ!というテーマで書いていきます。

スポンサードリンク

1.親のために働いていた日々

 

父親が病気で働く事が出来ずに、母親は働かずに妹は学生。
この様な形の時に僕一人が悶々と一人暮らしをしながら家族の援助をしてきました。
どこかで愛情が欲しかったのです。でも愛情は受け入れられない。その満たされない感情を僕はお金の援助という形で満たそうとしてきたのです。

 

2.妹の学費のために働いていた日々

親が働けないということで7つ下の妹の大学の学費を援助する日々。
入社2-3年目でお金も全然ないときに、遊びたい時期にちょっと遊んだらいいなあ。と言われる日々。
僕が鬱になって感情が爆発してしまった時に、あんたのせいで人生滅茶苦茶になったと妹にいわれた日。

 

妹も毒親の被害者ですが、結局共依存から抜け出せずに親元でずっと暮らすことになりそうです。

 
人のせいにするな!お前の人生お前で生きろ!!

それが出来ないのであればおとなしく親の言いなりになるしか無い。

3.痔になっても、鬱になっても家族のために働いていた日々

 

僕は働きすぎのストレスと、家庭の事情の問題で痔になった経験があります。
そしてその後に鬱で会社をやめなくちゃいけない経験もしました。

 
その時も家族の事を思って働いていたのですが、
僕が頑張れば頑張るほどなぜか幸せは遠のいていく。それが長年の疑問でした(今は解決しています)

 

スポンサードリンク

家族のためでなく自分のために働くのだ

家庭の問題が噴出するにつれて母親と妹からは逆ギレ。
27歳で親と縁を切り、色々な人に助けてもらって
29歳までなんとか生きてきました。

 

特にお金の関係については、自分自身を幸せにするためにも絶対に稼いでやる!!!という思いが滅茶苦茶強いです。

 
電通の高橋まつりさんが亡くなった事件ですが、あれも親を喜ばせようと必死で勉強した上での悲劇です。
親ではなく自分を大切にするのが最も大切なのです。

 

結局共依存関係になってしまってはいけないという事です。
共依存は死ぬほどきついです。
自分の尻は自分でふく。自分でまいた種は自分で刈り取らなければならないのです。

※共依存とは 聖心こころセラピーさまより引用

「共依存」読んで字のごとく共に依存し合うことにより成り立つ関係。
尽くすことで生き甲斐を感じる人と、尽くされることで満足感を得る人の関係を「共依存」が成立していると言えます。

どうでしょうか? 見事に互いの利害関係が一致している状態と言えます。
いったいこの共依存関係のどこが問題なのでしょうか。
双方の利害が一致しているので特に問題無いのでは? とも思えますよね。
でも果たしてそうでしょうか? 実はそこに大きな問題が含まれています。

尽くされることで満足感を得る人「要求の強い人」は自分が相手から「尽くされている」と判断すれば「もっと、もっと」とわがままな要求は際限無く続いていく傾向があります。

そして尽くすことで生き甲斐を感じる人「犠牲を払う人」は相手の要求に応えようと「もっと尽くさなければ」と努力し、相手のわがままを益々増長させる結果となり、常に自分に無理な負担を掛け続けることとなります。

その結果、尽くす側「犠牲を払う人」は心的ストレスを抱えることとなり、うつ状態・無気力・集中力欠如・過食・パニック・偏頭痛などの心的・体調の不良に繋がりますが、本人としてはその「原因」を理解できていない場合が多く「どうして?」ということになります。
それは正に、骨折しているのに気付かずに歩いているようなものです。
この無自覚さには驚くばかりです。

いかがですか? この尽くす側・尽くされる側の利害が一致してると言っても到底看過できない大きな問題がそこにあると言えるでしょう。

 

この話は独身に限らず、家庭を持った時も同じだと僕は感じます。
仮に奥さんが専業主婦だった場合、仮に一家の大黒柱が何かしらの事情で働けなくなった場合に何が出来るのでしょうか??

 
そうした場合にも対応できるように、副業なりなんなりと知恵と知識を持っている奥さんがパートナーだったら。

 

僕はそう考えます。
自分の父親と母親のようになるのはまっぴらごめんです。
一度きりの自分の人生なのです、自分のために存分にお金を使ってもばちは当たりません。自分の知識と経験を増やすために使いましょう。

 

&nbsp

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事を書いた人

linebutton_vertical 親のために兄妹のために生きるのではない。自分のために生きるのだ!
元オール3ヒロ
毒親の元で放置され学ぶ意味が分からず中学3年生までの成績はオール3。

高校時代に恩師に出会い 就職率9割の工業高校から進学し、大学時代に合格率10%の難関電気資格に合格。
ブラックメーカーに就職後過労死寸前のドロップアウトから安定電力系に転職し兼業ブロガー中。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

最後の最後まで諦めないことの大切さ!最後の365乗まであきらめるな!

NO IMAGE

アフィリエイターの集まりに参加してみて感じた3つのこと!価値観の違いを感じるんだ...

NO IMAGE

子供が親を選んで生まれてくる!?そんなことが本当だったら絶望しかないという話。

出世だけが人生ではない。自分の人生の優先順位をもう一度考えてみよう!

NO IMAGE

合格率10%!?第三種電気主任技術者に合格した時の話とその後の急落について

NO IMAGE

親の言うことを聞かない3つの理由!親が間違っていたら全部間違うよ!