本を読まない人はダメ!?ただ読んでいるだけだと読んでいない人と変わらない話。

本を読まない人はダメ!?と言われることがありますが、本当にそうなのか考えてみました。
僕は過去に本を結構読んでいました。

1年間に数百冊は読んでいたでしょうか。
でもそれが本当に自分の血肉になっているのかと言われたらかなり疑問な点も多々ありました。

 
さて、本を読むという行為が本当に役に立つためにはどのようにしていけばよいのかを考えました。

スポンサードリンク

1.読んでもそこから実行しない限り楽しかった思い出しか残らない

本を読んだのはいいけれど、書いてあることを実行しない限りただのいい話だったな。
という良い思い出だけになってしまいます。

 

 

とはいいましても、娯楽として読んでいるというのであれば私の話はこれで終わりにして問題ありません。

 

 

ですが、本に書いてあることが1個でも実行することができたときにあなたの力は1mmアップしていきます。

 
本に書いてあることをちょっとづつでもこなしていくことができたときに人の力ってすごい伸びているんだと感じます。

 
実行といってもそれができないのであれば、ブログにアウトプットでもいいですし、もっとハードルを下げてツイッターでつぶやくことでもアプトプット実行のうちに入っていると個人的には感じております。

 

2.本を全部読んだところで全部使うことは一生ない

本は必要なところだけ引っこ抜いてそれを使うためにあるのだと僕は考えています。(小説などは違いますが)

 

全部読んだとしてもそれを全部使うということはまあほぼないです。

 
なので気楽にこういうものがあるのだな。と思っていただくことが精神衛生上よいです。
ペラペラと適当に読んだうえで使えるところは使っていくという

スポンサードリンク

3.何も考えずに読んだ時間だけ自分の人生が消費されている

1にも書きましたが、何も考えずに本を読むのはただの娯楽になってしまいます。
そして貴重な人生の時間が流れ去ってしまっているということが以外にも気が付いていない人が多いように感じます。

 

 

ですが、その考えずに読む時間が素晴らしいというひともいらっしゃると思いますのでそこのところは反論しません。

 

 

 

まとめ

本を読んだらアウトプットしたい。

 
とはいうものの、いきなりブログに書くというのもなかなかハードルが高いものがありますので、上記に書いた通りTwitterなりメモ帳なりエバーノートなり
少しずつでもアウトプットする習慣をつけていくということも大切です。

 

自分もそうありたいので、ぜひとも実施していくということをしていけたら面白いことになっていくでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事を書いた人

linebutton_vertical 本を読まない人はダメ!?ただ読んでいるだけだと読んでいない人と変わらない話。
元オール3ヒロ
毒親の元で放置され学ぶ意味が分からず中学3年生までの成績はオール3。

高校時代に恩師に出会い 就職率9割の工業高校から進学し、大学時代に合格率10%の難関電気資格に合格。
ブラックメーカーに就職後過労死寸前のドロップアウトから安定電力系に転職し兼業ブロガー中。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ランサーズの外注で適当な仕事をされたときにしたい対応3点!貴重な時間を無駄にする...

NO IMAGE

主婦がアフィリエイトを始めとする副業に優秀な理由を考えた!

NO IMAGE

会社員はごっこ遊び!平均点をしっかりとって副業に挑むのが本当の賢い生き方!

NO IMAGE

ブルーライトカットメガネの効果は安い割に強力!?実際はプラシーボ効果なのか?

NO IMAGE

仕事ができない人は人のせいにする!?50歳を過ぎて国のせいにしてしまっている親を...

NO IMAGE

電力会社は体育会系だけど頭脳系でもある5つの理由!