オール3からの逆転

僕のブログのメインテーマになります。

僕は中学3年生までオール3でした。

親からは何もできない子という風に認識され(実際には母親が過保護すぎて全ての実務的なものを奪われてしまっていた)

このままでは自分の人生どうなるのだろう?

なにかまずいのではないか?

と感覚的に感じるものがヒシヒシと伝わってきたのが中学3年生のころでした。

 

 

実際オール3だからなんなんだと、大人になってから感じています。
しかしながら幼少期から思春期にかけて作られてしまったセルフイメージというのは物凄い強固なものであり、一度こびりついたものをそぎ落とすのには苦労しました。

 

そんな僕が、セルフイメージを変えてオール3から人並に生きれるようになるまでにしたことが良いことについてこのブログでは書いていきます。